みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
自宅で花嫁さんになる
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
カメラマンと視力
f0171932_0315789.jpg

<策士、策におぼれる的写真>

自分の視力の衰えを感じたのが、三〇代半ば・・・
それから、年々ファインダーが見づらくなって、ついにはカメラを手動ピントからオートフォーカスに替えてしまった。
視力の衰えといっても、視力検査すれば普通に見える。
ただ
ファインダーを覗いた瞬間のピント合わせが鈍くなってくる。
近くのものが見えづらくなってくる。
手動で合わせる時の最後の最後のピントの山がつかみにくくなってくる。

とりあえず、眼鏡を替えようと眼鏡屋に行った。
そこで聞いた話では
老化の初期に、乱視の方向が変わってしまうことがあるらしい、
ある程度変わってからは安定するという。
どうやら、この乱視の方向変化がピントの山をつかみにくくしている原因だったようだ。
二年間で二回、眼鏡のレンズを替えた。
それでも乱視の変化に追いつかなかった。
今年の正月にレンズを替えて、それ以来やっと安定している。
それまでに老化前のレンズと較べると、乱視の方向が90°近く変化していた。
見えにくいわけだ。

今はとても快適。




書くことがめんどくなったので、さっさと話をまとめよう。

カメラマンは目が命
[PR]
by misawa-world | 2009-10-20 00:32
<< 日本のウエディングフォトジャー... ジャンル >>