みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
自宅で花嫁さんになる
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
オリジナルの作り方
f0171932_21513265.jpg


よく自分のオリジナルを求めてさまよっている人を見かける。
オリジナル探し旅。
それなりに写真が上手い人に多い。
ボクに言わせれば悩んでいるだけもったいないと感じてしまう。

どうしてみんなそういうことになるのだろう?

そう思って考えていたところ、ある結論を推測するに至った。
これだけネットの世界が便利になると
刺激を受けることのできる写真はそこらじゅうに氾濫している。
絶えず心に刺激を受け続けることができるのだ。
そして、自分のオリジナルを考えるときに、それがいけないのではないかと感じ始めた。
だって、WEBに流れている写真って(ボクの写真も含めて)
何となくどれも似ている感じを受ける。

刺激を受けることは良いことだ。たぶんそれは間違いない。勉強になるし。
だけど、刺激を受け続けることは逆に良くないんじゃないか・・・独創がない。

オリジナルを作るためには刺激を受け止めた上で
何からも刺激も受けずに熟成させる期間が必要なのではないかと気づく。

いいかえれば
孤独がオリジナルを作る。

自分は孤独だった。
良い時間をもらった。
そしてまた今、孤独になりたいと思っている。

(話途中だけど休憩)
[PR]
by misawa-world | 2013-03-26 22:11
<< 東京 京都 名古屋 来客 >>