みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
自宅で花嫁さんになる
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
日本のウエディングフォトとそこから広がる世界
f0171932_21201387.jpg

10年分のアルバム


自分はたぶんみなさんよりちょこっとだけ長い時間、結婚式の写真とそこから付随することをやってきた。
かといってブライダル業界が好きかと言えば疑問符がいっぱいでる。
でも、この業界の稼ぎで家族を養ってきたのも事実だ。
それで自分がいる世界に文句を言うのは自らを否定するようで恥ずかしいと思えた。

結婚式の写真はどうしてもブライダル業界の一部門と感じられてしまうけど、
「結婚式の時にカメラマンを選ぶというのは、
その家その夫婦の一生の専属カメラマンを決めていることなんだ」
そういう文化を定着させたい。
ブライダル業界の一部門ではなく
写真の文化として定着させたい。

それを文化にしてゆくことが自分のこの世界への恩返しであると思う。

文化にするために数が必要だ。
ネットで広めれば賛同する人もいるだろう。
だけど、それではコピーにしかすぎない。
だからパーティーにした。共通の意識を持つ人を感じなければダメなんだ。
そして文化を創っていると思うと、最後の最後に踏ん張れるんだ。

書き殴ったので荒いです、話が飛躍しています。
感情的にはこんな感じです。
[PR]
by misawa-world | 2014-01-19 21:24
<< みさわたけひこワークショップ ... なぜ SONYを使うのですか? >>