みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
センチメンタルとノスタルジア
f0171932_3112610.jpg



渡部さとるさんのブログの気になった記事http://d.hatena.ne.jp/satorw/20150724/1437722112

センチメンタルとノスタルジアを直訳すれば
「感情と郷愁」といったあたりか。

自分の写真なんか、これにド・ストライクな感じで
なかなか辛いところがあるけれど、
真剣に写真家を目指す人が、結婚式の写真を嫌う理由も
これに近いモノなのだろう。
(ちゃんと言葉にした人は聞いたことはない。この編集長さんの言葉がはじめて。)

自分も時折、人から写真を見せられる時があるが、
その苦痛と言ったらなかなかうまく表現できない。
それをみごとに言い当てている。
自分の苦痛はこういうことだったんだ!



この頃、見せてもらう写真は、その人の「私小説」的な写真が多い。
それはよほどのことがない限り、正直見ていても苦痛だ。
新婚さんのところに遊びに行って結婚式のビデオを見せられる気分と一緒。
遊びに行った家で運動会のビデオを見せられるのと一緒。
感動を暗黙に強要される。

それと同時に自分も誰かに感動を強要していたのかも知れない。
そして苦痛を与えていたのかも知れない。


その昔、誰も結婚写真なんて真面目にやっていなかった時代に
この仕事で日本一になりたいと思って
この写真で写真家になれないだろうかと思ってやってきた。

「結婚式の写真なんてどんだけやっても無駄。写真家になれない」
昔そう言われたことがあった。

それでも商売→文化に変えることで、変わってゆくのではないかと思っていた。
やっと、糸口が見えそうなところだったけど
また、逆戻りかもしれない。
[PR]
by misawa-world | 2015-12-06 01:23
<< 良い写真を撮るためには 取材 >>