みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
自宅で花嫁さんになる
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
カテゴリ:原点( 3 )
原点3
f0171932_9132720.jpg

またまた青春18きっぷのポスター

写真を見る時は、そのカメラマンの立場で考えてしまうことが多いの。

「朝」って写るんだね。
これ撮った人、気持ちよかっただろうなあ・・・
[PR]
by misawa-world | 2009-02-22 09:14 | 原点
原点2
ぼくの好きな映像を紹介してます。
f0171932_18305619.jpg

青春18きっぷのポスター 1982〜

ほんとは違う18きっぷのポスターが好きなんだけど、見つけれなかった。
それは
何気ない町の何気ない橋のたもと、高校生みたいな二人の男の子が欄干にもたれて
何も構える様子もなくカメラを見ている。
確かコピーは
「僕の知らない町がある、僕の知らない人がいる」
そんな広告だった。

写真はまるで橋口穣二さんを彷彿させる淡々としたモノ。
その写真が一行のコピーで、もっと広がることにとても興味を持った。
写真を文章で補うのは正当じゃないと何人にも言われた。
写真で語れないヤツの逃げだと。
でも、このポスターすごいじゃんと思った。
そしたらある広告人から
「カメラマンはワンフレーズの小説家なんだよ。」と言われた。
それ以来、撮りながらもいつもワンフレーズを捜しながら撮っている。

f0171932_18274958.jpg

青春18きっぷのポスター 2000
こっちの改札口のシリーズも結構好き。
[PR]
by misawa-world | 2009-02-20 18:28 | 原点
原点
ぼくの好きな映像を紹介してます。


市川崑劇場「木枯らし紋次郎」1972
当時、小学5年生だったけど、やみつきで見ていた。
ロングショットからはじまるオープニングタイトル。
それを体操座りして鳥肌を立てながら見ていた。
一番好きなのは、43秒過ぎからのシーン、
山々のルーズカットから、山道をクローズアップさせて、そこに紋次郎が歩いている・・・
たまらんです。
[PR]
by misawa-world | 2009-02-19 18:53 | 原点