みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
自宅で花嫁さんになる
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
時には星の下で眠る
f0171932_16103647.jpg

友人の女性カメラマン久恵さんの結婚式の撮影をしてきた。
いつもにぎやかでその場を仕切ってしまう彼女、披露宴を一緒に過ごして、彼女の性格はDNAによるものだと確信するに至った。

にぎやかな宴、ホントにぎやかな宴が終わってからのラストカットは、
クルマが縁で結びついた二人だったので、絶対クルマがらみにしようと思った。

高校生の頃はむさぼるように片岡義男を読んでいた。
その小説の中に「時には星の下で眠る」というオートバイ絡みの小説がある。
薄っぺらい世界観が多い片岡義男の中でも、秀作と呼べる数少ない作品。
旧友三人が故郷のバイク屋の親父の死をきっかけに再会、同時に昔の回想がオーバーラップしていく。初恋・傷心・友情・裏切り・希望・・・、様々な思い出を胸に、都会に戻る最後の夜、三人は言葉少なに星を見ながら眠りについてゆく・・・。

グリルの輝きが星のきらめきに見える、ボンネットに星が映ればいいのに。
[PR]
by misawa-world | 2008-04-03 20:09