みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ベストドレッサー
f0171932_15191596.jpg

義父は、花嫁からもらったブートニアも誇らしげに、
颯爽と会場をあとにしました。
[PR]
by misawa-world | 2008-06-19 12:58
テレビ取材
f0171932_1523654.jpg

テレビの取材に協力しました。
テレビ愛知の「遊びに行こう」とかいう番組で、常滑の町の紹介するらしいです。
実は一回も見たこともない・・・。最初に打診があった人が駄目で臨時に案内役に出ることになっただけの話なのね。
それにしても今時のレポートもんは大変なんですね。
向こうもハプニング性狙うから前打ち合わせまったくなし、といえば聞こえがイイが、要は段取りなし・・・これでいいのかと少し疑問が残った・・・。

レポーター役の芸人さんも大変だ。
カメラが動いているときはとてもその異様に高いテンションについて行けなかったけど
カメラが回ってないときに話しをしたらとてもいい人だった。
ちょっと安心。

その芸人さんをモデルに、昔、常滑に初めて訪れた頃撮った写真を復元してみた。
イイ記念になった・・・かな?
f0171932_15234644.jpg

[PR]
by misawa-world | 2008-06-18 10:20
メンツ
f0171932_15413510.jpg

ずっと仕事を手伝ってくれていたみほっぺが、
新しい旅立ちをすることになって、
送別会を行いました。

とりあえず事務所のメンツだけで宴会。

しかし、みほっぺが来てからはうちは最強メンバーがそろっていたねえ。
良いメンバーに出会えたことに感謝・・・
[PR]
by misawa-world | 2008-06-06 10:40
スチル
f0171932_1674393.jpg

この頃、ドラマの撮影現場で慣れないスチル撮影に励んでいる。

動画の中の1フレームを切り取って使っても良いぐらいに思えるのだが、
(最近はムービーカメラも高画質になってきたからね)
ムービーとは別に、スチル撮影という世界が確実に存在する。
同じ映像ながらその表現方法が全く違うから何だろうなと感じる。
それにしても、レールに乗ったり、クレーンに乗ったり、
ムービーのカメラワークの多彩性はスチルの側から見るとうらやましい限りだ。
撮影現場ではムービーのカメラが一番良い位置を占めるわけで、
ワンシーンにカメラが三台四台と構えられると、
スチルにとって狙うアングルは事実上なくなってしまう。
最初、なんてスチルにとって不利な状況なんだと不遇を感じた。
やがて、似ているけど狙っているものが違うことに気づいてゆく。
スチルの方は瞬間の力とでも言おうか、
一枚に込められた力を引き出すことに専念するようになると
不遇感は消えていった。

ドラマの撮影現場はすべて計画された設計図にそって進んでゆきます。
ほんの数秒のワンカットも大勢のスタッフと手間ヒマかけて撮影されてゆきます。
ずっとウエディングというドキュメントの世界にいた自分にとっては
計算された感動というのがとてもなじめませんでした。
撮影中は一切のハプニングはありません。
気持ちは夕凪のように静かで、
しかしファインダーの中にはドラマチックなシーンが展開されてゆく現象に
ものすごく違和感を覚えました。
ずっと感情の揺らぎがあってそれに反応してシャッターを押していたからね。
今でもそっちの方が楽しいけど。
[PR]
by misawa-world | 2008-06-05 16:07