みさわたけひこの写真日記
by misawa-world
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
カテゴリ
自宅で花嫁さんになる
何をどう撮るか
結婚写真をはじめる人へ
機材のこと
原点
リンク
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
アクセス解析
<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
神さま
写真を撮っていると
時々不思議な感覚に襲われる。

良い写真が撮れる時には、神様が
「今、押しなさい」
と、言ってる気がする

だからボクは
何も考えずに、ただ押すだけなんだ。

撮れた写真はボクが撮ったようで
実は神様が撮ってくれた写真。
ほめられるとなんか違う気がする。

写真の神様

写真を撮っていると、そういう感覚がある。
[PR]
by misawa-world | 2011-01-28 01:27
新年会
去年の新年会は、「よし、やるぞ!」とやる気をもらったけど

今年の新年会は、「くそ、やってやるぞ!」と変なやる気をもらった。
[PR]
by misawa-world | 2011-01-15 02:03
覚え書き
「主観と主張の履き違え」
写真は結局は撮影者の主観でしかないという話をしていると
首をかしげられることも多いけど
このごろ、主観と主張を履き違えているのだと言うことに気付いた話
→主観と主張の違いは何だろう?

「表面しか写らない」
写真は結局は表面しか写らない。
(多分に語弊を招く表現だけど、聞き流してね)
しかし、写真を見る時には表面以上に中を見ようとしている。
→見る側にも理解力が求められるということ。
その理解力は個人によって差がある。
それは能力と言うよりも生活している環境によって。

たとえば結婚式の写真は
結婚式を知らない人と結婚式を知っている人では見え方が違う。
それは何度も体験した来た。

ボクの写真は日本語を話していると自分でも感じてる。

ということは・・・同じ写真でも、日本人と外国人でも見え方が違う。
それでも国境を越えて良いと感じられる写真もあるわけで
人類に共通する意識というのがあるのだろうとわかる。

ここで仮説
ペンギンのペンちゃんがいるとする。
人間にもペンちゃんにも感じられる写真は可能だろうか?

音楽なら可能なような気もする。
だからきっと写真にも可能なのだろう。

その写真にはいったい何が写っているのだろうか?
写真は表面しか写らない・・・
[PR]
by misawa-world | 2011-01-06 03:54